ある発想からの転換期。

えらそうなタイトルだなあ笑

しかし、自分の発想のネガティブさに気が付いた今日。

 

ある習い事をしている。

時々訪れる断捨離期に、ここの『ぶらっく』でグチを言った習い事は

カットした結果、残った心地よい空間の習い事。

 

そこではいつも最小限の道具を使っている。

予算の関係もあるが、自分の腕ではまだ贅沢だと思ったり、身の丈に合わないと思っていたからだ。

しかし、ひょんなことから、使ってみたかった道具をお借りした。

使い心地がよく、出来上がったものいい感じ。

 

購入したい。

「買えばいいよ、絶対いいよ。」

と勧められれた時に出た私の言葉。

 

「あー、でも下手なのをもう道具がないからっていい訳できなくなるかも。」

 

自然に出たのだが。

 

「えっ、そういう考え方があるんだ!」

とものすごく驚かれ、改めて自分の言ったことを考えると。

 

・・・私は自分の腕のなさをごまかすために最小限でやっていたらしい、

ということに気づく。

 

職場でおしゃれにしていると、仕事できなかったときに『カッコだけ一人前のくせに』

と言われそうで地味にしている。

とか。

ブサイクなのにメイクに気合いれると『身の程知れ』

と言われそうでやっぱ地味にしている。

とか。

 

なぜ『うまくなりたいから』『綺麗になりたいから』と言えないのか。

 

逃げ逃げなことに気が付かされて凹みつつも、

今は気が付かせてくれてありがとうとやはりこの空間に感謝する私。

なぜか悪い方に考える思考。

パトカーを見ると、なにもしていないのに

どきどきしてしまう私は

きっとネガティブ、もしくは悲観的なのでしょう笑

 

それは他の面でもそうみたいで。

 

先日、このはてなブログからお知らせが。

 

ご意見でしょうか・・。

しかもなんか糾弾されるイメージしか沸かず

お知らせ内容を見るまでに心拍数を上げまくる。

 

「今月100PV超えましたよ」ってお知らせでした。

嬉しさよりまずは安堵です・・。

責められるんじゃなかった・・・。どれだけ怖がりなんだ。

 

ヘタレなこのブログにお立ち寄りくださり

ありがとうございます。

こんな風にドキドキそわそわしながらですが

書いておりますが、引き続きよろしくしていただけたら幸せです。

 

 

解釈はこれでよろしいですか?

エル ELLEを見た。

 

弱いんです、サスペンスとか犯人より主人公の方に怖さが、みたいな

宣伝文句にですねえ。

どんでん返しに期待して行っちゃったよ。

 

えーっと、どこまでわかっててどこまで主人公の仕込みなのか?

 

そこが少しあやふやなのと、どんでん返しはそんなにありませぬ。

ネタばれになってなければいいのですが。

 

でもフランス映画の女性はなんと強かで魅力的なんだろう。

そしておしゃれ。

主人公は孫がいる設定だけど、もうどきどきするくらい“オンナ”

なのだな。色気があって、だからといって下品じゃない。

着てるものも、とっかえひっかえじゃないけど

おしゃれ。

足を出しても胸元開いててもなんなんでしょうね、あの毅然としたセクシー。

 

だから、出てくる男はみーんな負けちゃう。

サスペンス、とか怖いってホラーでもなく、推理ものでもなく

“オンナは怖い”っていうことが言いたいと・・・そういうことでいいですか笑

 

だから個人営業。

痛くならないといかない。

歯医者じゃないよ、マッサージ。

 

なにごともメンテ大切、なのだけど

ギリギリまで頑張っちゃうのは単に節約のためです笑。

 

マッサージについてはたったひとつだけマイルールがある。

 

地元では「チェーン店」に行かない。

 

理由はセールスがすごかったから。

どことは書きませんが、リラックスしに行ってるのに攻防戦繰り広げることになるから。

ヘタレな私は緊張してガチガチになるのですよ。

 

「今、ヘッドがお得なんですよ~。どうですか~?5分で〇〇円プラスするだけです。」

「あ・・じゃあお願いします。」

「時間大丈夫か確認しまーす。」

・・・薦めておいて、ダメな場合あるの?この辺りもよくわかんないけど。

 

「会員証作って、お得なプリペイドカードはいかがですか?今日から使えます。」

「あー、私出張で来てるだけなんですよ~。」

「全国で使えますけど。」

「近くにはないです~。」

施術後もこのような展開が待っている。

 

私の顔など忘れているとは思うが、どこで会うか分からないので地元では使えないのだ。

 

ラーメンとかね、チェーン店でも好きなとこはあるけど

どーもマッサージはこういうことで難しい。

個人でも物販激しいとこあるのかもしれないから

偏見かもしれないけどね(/ω\)

 

先日また、小説のご感想いただけました。

もう毎回ながら涙している私。

 

こういう物販の押しの強さに自分が弱いので

「じ・・じゃあよければ他の作品も読んでいただけると嬉しいです」とか

「り・・リクエストなんかあったりします?」

みたいなのが言えない。。。_| ̄|○

言ってみたいけど、今はただ、喜びを下さったことで胸がいっぱいなので

いいかな?

 

 

せくしーだなあ・・。

はい、個人的見解。

女の人の場合は

スカートがふわっとなったときや前かがみになったとき、

ちらっと見えてどきどきする感じ

なので(なんてざっくりした表現)『見えないものが見えちゃう』

とこにせくしーを感じるのですが、男の人の場合は逆だと

東京スカパラダイスオーケストラを見て毎回思う。

 

男の人の場合、基本びしっとスーツ着たおじさま方がせくしー、なのだよなあ。

ええ、胸元はだけるより留めてた方がより、ね。

 

なぜスカパラみてるかというと

ドラマ『新宿セブン』のオープニングがスカパラあーんどユニゾンの斉藤くんなので

そこからでございます。『白と黒のモントゥーノ』。

メロディーはまごうことなくスカパラ

うーん、嫌いじゃないけど、これもアリだけど。

ああ、斉藤くんの声とこのメロディーって新鮮、なんだけど。

スーツ姿の男性だらけジャケ、ドキドキしちゃうんですけど。

 

自分の中でスカパラとしっくりきたのはダントツ奥田民生の『美しく燃える森』。

次がアジカンの『Wake UP!』な私としては嬉しいがちょっと違うのかな。

一回しか聞いてないから、また変わるかもですが。

 

全然関係ないけど、オープニングが『白と黒のモントゥーノ』だけど

主題歌は上田くんの曲なのだ。

主題歌がオープニングに来ないって私的には初めてで、ちょっとびっくり。