読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し消化。

時間に余裕が出来てからできるようになったこと。

 

本が読めるようになった。

これは読む時間が出来たことと、読もうという気持ちにもなれたことの

ふたつの意味がある。

人間疲れていると読む気力がなくなる。

 

音楽が聴けるようになった。

これも流しておけば聴けるってもんでもない。

体調によりぶちり、と止めたいときもあるのだ。

疲れているときだな。

 

昔よく聴いていた音楽を、最近思い出して聴いている。

聴けなかったのは、その音楽を聴いていたときのことを思い出すからだ。

なんかめちゃくちゃに終わったある意味イタイ恋愛の時に聴いていた音楽。

・・・やっと聴けるようになった。

その恋愛は恥ずかしく、本当にイタイ思い出ばかりだったのだが

聴けるということは一応ケリを自分の中でつけられたということだろう。

 

今、聞いてみるといい曲だ。

曲そのものにはなんの罪もない。

ごめん、と1人で謝ってみる。