客観的にみたらどうなのかな。

ごくまれに絵を描く。

正確にはイラストというもの。

学生時代、やたら絵のうまい友達に囲まれた。

文章を書いていた私だけど、文章で表現できないところが

絵だと表現できるかなあ、という部分があって

ちまっと描いていた。

 

といいつつ、字の手綱も操れないわたくしが、不慣れな絵などもっと

捌けるわけなく沈没したわけですがねΩ\ζ°)ちーんっと。

 

ところがひょんなことから絵を書くことになった。

“あなたのそのイラストでいい。OKよ”って言ってもらえるのだけど。

 

・・・素直に受け取れない。

 

周りにいたうまい友達をずーっと見て来ていたからか。

ヘタって言われた時の逃げ道にしたいのか。

 

自分に当たり前にできることが他人にできなかったり

他人が容易くできることは自分にとって至難の業だったり。

だから決して“OK”がうそだっとかお世辞だとか気を遣わせてしまった、と

思う必要はないのだろうけど。

 

頭では分かるのだけど。

 

なんなんでしょうね。

客観的な目を持ちたいものです。

もしくは言葉を信じる気持ちか?