誕生日ひきこもごも。

習い事で妊婦さんに会う。

私独自の基準『水分量が多い』素敵な女性で、笑顔もキュート。

きっと、いや間違いなく愛情深く穏やかに子育てをされるんだろうな。

 

予定日はクリスマスイヴ。2人目だそうで、上のお子さんも予定日と誕生日が

クリスマスイヴなのだそうで。

 

もしかして、あなたはマリアさま・・・。

 

と、そんな会話をしていてふと思う。

私が書いている小説の主人公の一人をクリスマスイヴ生まれにしたのは

私を含めやたらお正月前後一週間ほどに生まれたやぎ座が集ったときに

話をしたところからヒントをもらったからなのだ。

私はイヴではないが、この辺りに生まれた人の『あるある』

 

・プレゼントはクリスマスかお正月のお年玉にうやむやに混ぜられる

・世間が慌ただしすぎて自分の誕生日がゆっくり味わわれない

・誕生日会も他の行事が忙しくてやれてない

・免許の書き換え、三が日休みじゃーん、他の月より稼働日数少ないんだけど

・誕生日よりクリスマス、正月の比重が高くてかすむ

 

やぎ座忍耐の星座ですから。こんなとこにもしれっと苦労が。

 

『あるある~』いいつつも、その中でも大晦日生まれの

『悲しいあるある』は説得力があった。

とても誕生日祝う雰囲気でないんだ!

・・・なるほど。

 

他にも年度末は社会人だと休みとれないし仕事忙しくてわや、という3月31日生まれ

ちょっと色気づいた子供時代に『お正月ベイベー』と言われてたという10月10日生まれ。(十月十日の数え方違うよっていう知識まではまだ至ってないからね。)

 

なんだかんだありますねえ。

 

どの誕生日が一番穏やかに過ごせるのでしょう。