午前3時の応援。

ちょいと凹んでおりました。

 

現在、ある小説の続編のようなものを週一回掲載してます。

元の小説は、他の小説に比べるとあまり気に入っていただけなかったようでした。

なので続編は、より厳しいだろうなと思っていたのですが。

 

想像以上でした。

 

更新した日に誰にも読まれなかった・・・。

 

更新したら『更新したよ』とサイトにも表示されるし、した日はわずかでも読んでいただけていたので、今回の作品はいよいよ自己満足以外の何物でもないのだなあと思い。

 

ちょっと経ったらしれっと削除しようかと思っていたところ。

 

なぜか先日、私の書いた小説すべて午前3時台に読んでくれている人が現れた。

 

複数の人が午前3時に1度にとは考えにくい。

だとしたら誰かがあまりの読まれなさを気の毒に思ってとりあえずクリックしてくれたのかもしれない。

そんなことをしてもその人にはなんの利もないのだから、

 

勝手に応援だと思うことにした。

 

もう少し、掲載は続けてみよっと。

単純だねえw