あらまあ驚いた

見たことのない電話番号から着信アリ

 

検索してみるが、あやしい書き込みなし。→放置。

 

しかし、また着信が。

思い切って出ると間違い電話。

なのだけど。

 

「〇〇さんですか?」

相手の言ってきたこの名前が

ちょうどその時小説を書いていて、しかも同じ名前のキャラクターに

語らせていたところだった。

 

「ちっ・・違います。」

本当に間違い電話なのだけど

否定の仕方が動揺していたので

怪しまれたかも。

 

そんなにある名前でもないと思うが。

もうこのキャラはなるべくしてその名前になったのだね、と勝手に納得。